滋賀県隊友会

TAIYU SHIGA

日本最大の陸上自衛隊駐屯地へ

日本最大の陸上自衛隊駐屯地へ

朝晩の冷え込む季節が始まり、吐く息も白くなる秋の北海道へ10月8~12日渡道しました。
北海道千歳市にある「東千歳駐屯地」は、日本最大の陸上自衛隊駐屯地です。
隊員食堂は3か所、売店も3か所、35年前に、初めて北海道の駐屯地に配属となった時、隊内にゲームセンターや、映画館、ボーリング場、バス停留所、タクシー乗り場もある事を知った時は、驚きで、もはや広大な敷地は、一つの街と言った感じでした。
この駐屯地の奥には、旧・日本海軍航空隊の基地がありました、当時の滑走路(約2km)は、現在も駐屯地創立記念日にはパレードと訓練展示会場となっています。

東千歳駐屯地敷地面積は広大(590万㎡)です、ちなみに、大津駐屯地の敷地面積は、160.000㎡ (周囲約 2km)
千歳市内には、他に、北千歳駐屯地、航空自衛隊千歳基地もあるので、周辺の市民からは、ここは『東部隊』と呼ばれています。
DSC09997
駐屯地入口には、『我らここに励みて国やすらかなり』のポールが立っており、北の防人の地と言う事を感じます。

DSC09963
駐屯地内は、どこもこの様に広々としています。

PICT0045 (2)

創立記念式典の模様(S59年頃) 75式自走榴弾砲(155Hsp)は、当時の最新火砲でした。

DSC09978 (2)

現在の 99式自走榴弾砲(ロングノーズ) は、発射速度、射撃精度、射程距離、給弾装置も更に向上しています。
このモータープールの、火砲は変わりましたが、懐かしい風景からは、当時の教官、上官を思い出しました。
私の同期も、ここの部隊で先日、定年退官となりましたが、後輩諸官の打てば響くものがたい後姿には、頼もしさを感じました。

当日、お世話になった7A住吉広報准尉、3Bn本菅須貝二尉、モータープールで準備、装備展示を説明して頂いた諸官方、ありがとうございました。
この場を借りて厚く御礼申しあげます。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です