滋賀県隊友会

TAIYU SHIGA

明野駐屯地開設60周年 航空学校創立63周年 航空祭へ

明野駐屯地開設60周年 航空学校創立63周年 航空祭へ

10月18日 澄んだ青空に心地よい秋を感じる三重県伊勢市で 明野駐屯地航空際が実施されました。
9時40分 来賓及び多数の観客が見守る中、来賓機が着陸、祝賀飛行の前に、元航空自衛官で、”空飛ぶ広報官”である 宇都 隆史参議院議員 より祝辞を述べて頂きました。
続いて、観閲官(伊藤 伸基陸将補 )が臨場、巡閲についで在場者全員が起立する中、国旗が入場し台場に奉持されると、”陸上自衛隊の歌姫” 鶫(つぐみ)真衣 1等陸士が登場し挙手の敬礼の後、滑走路の隅々迄響き渡る声で、音楽隊の演奏に合わせて『君が代』を国家独唱、国旗に対する部隊の敬礼が厳かに行われた後、10時00分より祝賀飛行を開始しました。

DSC00210
陸上自衛隊 全機種ヘリコプターによる祝賀編隊飛行

DSC00224 (2)
続いて、第一空挺団 3名による、自由降下、着地と同時に大きな歓声が上がりました。

DSC00327 (2)
機体(UH-1J)に搭載した ホイストで、負傷者を釣り上げて救助する訓練展示

DSC00553 (2)
ヘリコプター地上滑走試乗は、先着1000名、搭乗(地上滑走)できるのも明野駐屯地だけです。

明野駐屯地は、陸上自衛隊の航空操縦学生を養成する他、運用に関する教育・研究を主任務としており、1955年(昭和30年)陸上自衛隊航空学校が浜松から明野に移駐して今年は、60年の節目になりました。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です