滋賀県隊友会

TAIYU SHIGA

あれから21年

あれから21年

あれから21年、今年もまた1月17日が参りました。地元部隊にあって罹災証明書を有する私たちがかって経験したこともない未曾有の大災害にスコップとツルハシとロープという素手同然で立ち向かった兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)について国民の皆さんはじめ我々現役時代に直面した元自衛隊員はもとより現役の若手自衛隊員の皆さんを含め少しずつ脳裏から薄れてきているのでは無いかと危惧しております。決して自慢にはなりませんが、あの災害派遣を契機に関係法令等の整備、人命救助システムをはじめとする資器材の整備、そして何よりも国民の皆さんの理解と信頼を得る大きな転換期になったこと。またその現場で100日間闘ったこと・・・誇りに思うとともに決して風化させてはいけないと思います。そのためには私たち実体験者が「語り部」にならなくてはならないとの思いです。

阪神大震災1

瓦礫と素手での格闘

瓦礫と素手での格闘

隊員居室

隊員居室

野島断層

野島断層

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です