滋賀県隊友会

TAIYU SHIGA

自衛隊の雪害派遣バッシング??

自衛隊の雪害派遣バッシング??

またまた某TV局お得意の自衛隊バッシング。「僅1,5㎞しか除雪出来ていない。」とは何をもって言えるのか?公共放送でそこまで言うなら同じ状況で自衛隊と同じ人数と装備で検証した結果が1.5㎞以上なら言いなさい!OBとして心底悔しい思いで一杯です。「僅1,5㎞しか除雪出来ていない。」・・・「それが何か??」と言ってやりたい思いです。これ以外にもSNSでは「自衛隊は重機を使っていない。」「動きが遅い」等現場を見ない、事実を知らない様々なバッシングが有るようですが・・自衛隊員たちはこんな次元の低いかつ事実無根のバッシングに決してめげることなく極寒の中不眠不休で頑張ってくれました。よくあることですが今回のような場合、現場で一生懸命隊員たちが除雪作業したり食料や燃料の補給というまるで自助的作業まで含めて(災害派遣では自衛隊はなんでも屋でなんでもできる・やってくれると思われる場合が多い)口々に車の中の人の安否を気遣い、励ましながら回っても車から降りることも無く除雪を手伝うでもなく、中には「作業が遅い」と怒鳴る場面も・・でもでも隊員たちは反論することは無く懸命に作業します。それは例えば土砂災害で人命救助中、現場の周囲で藁をもすがる思いで肉親の救助を待つ御家族のように被災者の怒りや苛立ち、悲しみ、期待感等々の複雑な心情など多くの災害派遣出動体験から身に染みて理解出来ているからです。豪雪による災害派遣で過去に遡れば、昭和38年の38豪雪、昭和56年の56豪雪をはじめ雪害による災害派遣の経験は自衛隊にとっても数多くあります。陸上自衛隊は全国に展開はしていますが駐屯する地域によって装備が違います。今回でも北陸の部隊は冬季装備と言ってある程度の冬季行動が出来る被服も有りますが中京地区や阪神地区に駐屯する部隊に冬季装備は有りませんし、冬季の活動訓練も中々にし難い状況です。過去の話なので現在は装備されてるかと思いますが、56豪雪で伊丹駐屯地所在の我が普通科連隊にも滋賀県北部に対する出動命令が下りましたが笑い話で恐縮ながら連隊の装備するバケットローダーにはタイヤチェーンが装備されていませんでした。これでは除雪はおろか現地にたどり着けるかどうか心細い状況で苦慮した経験があります。自衛隊(警察予備隊から)が発足して最初に水害事案で災害派遣した時は、法制も未整備、携帯電話や防衛マイクロ専用回線はおろか、電電公社に借りた専用回線で細々と呼び出し電話がつながるかどうかの時代で当時の部隊の副指揮官が管区総監部(今の方面総監部的な組織)まで列車を乗り継ぎ出頭し、それから政府に打診され当時の吉田総理の決断で初めて災害派遣出動したと聞き及びます。以降、規模は様々の数々の災害派遣に出動しましたが総じて日陰扱い、例えば現在のように自治体などとの日頃の意思疎通も無く要請があって赴いても具体的な調整もされず、時には警察の配下で行動するような羽目になったり、当然マスコミからも重要視されずニュースネタにもならず、TVが一般的になった時代でも人命救助で救出した被災者を搬出しようとすると待ってましたと警察に引き渡されTVニュース画像では自衛隊が救出した画面は移らず、マスコミの直接取材も殆ど無し・・・しかしながらもの言わぬ自衛隊は日陰であることは承知しながら、隊員も内心災害派遣の意義について疑問や卑屈に感じながら行動していたのが私たちの若い時代でした。局面が大きく変わったのは「阪神淡路大震災」における大規模災害派遣からだと私は思います。地元実動部隊の第3科長として数々の局面に立ち向かうこととなりましたが、最終的に、自衛隊の活動が広く国民に認知され、「災害対策基本法」をはじめとする法制が改められ立入権限や予防派遣等が可能となり、迎え入れる自治体の自衛隊に対する対応姿勢も大部分の自治体ではそれなりに機能的となり、自衛隊の災害派遣用装備も逐次拡充されました。何よりも大きかったのは自衛隊員の認識と言うか心構えが広くなったということでは無いでしょうか。先に申し述べた「被災者の心情をおもんばかる。」「自衛官としての任務遂行に誇りを堅持する。」このことが後の東日本大震災はじめ数々の災害派遣活動において一部のバッシングはものともせず黙々と任務に邁進し国民の大部分の信頼を勝ち得ているのだと思います。振り返れば私たちの現役時代に被災者の苛立ちからとは思いますが「俺たちの税金で飯食ってんだろう、しっかりやれ!」と言う励まし?のお言葉をよく頂きましたし、時には投石や罵声、給水車の駐車拒否など有りましたが、反自衛隊勢力の意図的行動は除き、被災者の方の心情を思いただただ任務に邁進した頃が思い起こされます。隊員の皆さんお疲れさまでした。今後とも頑張って下さい。

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です